Junko Urayama

“・・・感性豊かな、独自の天分ある魅力的な演奏・・・” 
「ピアノジャーナル ロンドン」誌

“・・・聴く人々を魅了し離さない舞台での存在感と、非常に優れた豊かな情感が、浦山純子の演奏を真に鮮烈に刻まれるものとしている。音楽を心から語りかけるものとする全ての要素を備えている・・・”
S.アロノフスキ

“・・・実に個性的なピアニストだ。ダイナミックで起伏も大きく、ピアノを鳴らすということにかけても秀でている。音色にしても多彩なパレットを有しており、打鍵もしっかりしているから作り上げる音像の輪郭も明確、歌心溢れ・・・”
「音楽の友」誌

浦山純子プロフィール 
4歳よりピアノを始め、桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業後、1994年ポーランド国立ワルシャワショパン音楽院に留学。
1995年ラジヴィーウ国際ピアノコンクール優勝、及び最優秀ショパン賞(ポーランド)、1998年ポリーノ国際ピアノコンクール最高位(イタリア)をはじめとする数々の賞を受賞。
1996年よりロンドンを拠点とし、名門ウィグモアホールにてデビュー。ヨーロッパ各国でソロリサイタル、コンチェルトから室内楽に至るまで幅広く活動し、2002年には、ウラディミール・アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団とグリーグ:ピアノ協奏曲を共演、同年フィルハーモニア管弦楽団に再び招かれ、チチェスター音楽祭にて演奏。
2005年に帰国、銀座・王子ホールにてデビュー後、多彩な企画で演奏活動を展開し、スタインウェイ・ジャパン㈱の“Young Virtuoso Series”のアーティストとしても全国各地でコンサートを行うほか、国内外で教育・福祉関係のためのチャリティ活動にも力を入れている。
また、2009年よりスタートさせたリサイタル・シリーズ「心の旅への誘(いざな)い」は、「奥の細道」から着想された『芭蕉の奥の細道による気紛れなパラフレーズ』を取り上げる独創的な企画が注目を集めている。2012年には本作品の全曲録音CDとして〈VOYAGE ヴォヤージュ〉をソニー・ミュージックダイレクトより発売、文化庁芸術祭に選出される。
CDはこれまでに、2003年〈Piano Recital ピアノリサイタル〉、2005年〈Fantasie ファンタジー〉、2007年〈Soiree ソワレ〉(いずれもイギリス・シンフォニカレコード)をリリースしている。
2014年6月には5枚目のCD〈Concertos コンチェルト〉(ショパン:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、仙台フィルハーモニー管弦楽団&山下一史指揮)をリリース。
また、同年より、浜離宮朝日ホールリサイタルシリーズ「ショパン&ラフマニノフの世界」全4回を開催中。
浅野繁、奥村洋子、安川加壽子、アンジェイ・ステファンスキ、スラミタ・アロノフスキ各氏に師事。
スタインウェイ・アーティスト。

 スタインウェイ・アーティスト

JUNKO URAYAMA, piano
Junko Urayama has started piano from the age of 4. After graduated from the high school and the collage of Toho Gakuen School of Music, she continued her study at the Chopin Academy of Music in Warsaw, Poland in 1994. She won the 1st Prize and the Special Chopin Prize at the Radziwill International Competition (Poland) in 1995 and the top prize in the Ennio Porrino Piano Competition (Italy) in 1998.
She move to London in 1996 and made her debut recital at the Wigmore Hall successfully. Since then, she performed widely though out Europe as soloist and participated in chamber music as well. She played the Grieg’s Piano Concerto with the Philharmonia Orchestra under the baton of V. Ashkenazy in 2002. And, later of the year, she played with the Philharmonia again at the Chichester Festival.
In 2005, she came back to Japan and held a successful debut recital at Ginza Oji Hall. As one of the “Young Virtuoso Series” artists of Steinway Japan, she performs in many cities around the country, and also participates in several charity events for education and welfare in Japan and abroad.
Since 2009, she started a unique recital series “Invitation to the Journey of Heart”, which is featuring a suit for piano, “Paraphrase Fantasque dans Oku-no-Hosomichi par Bash­o pour piano” by Toshio Kashiwagi, which is inspired by Basho’s poem. In 2012, she recorded a CD “VOYAGE” (released by Sony Music Direct) which includes this piece and was selected by Agency for Cultural Affairs of Japan in the Art Festival. She has also released other 3 solo CD recordings, “Piano Recital” (2003), “Fantasie” (2005) and “Soirée” (2007) all by Symphonika Records.
Her 5th album “Concertos” which includes Chopin’s Piano Concerto No.1 and Rachmaninoff’s Piano Concerto No.2 (Orchestra: Sendai Philharmonic Orchestra, Conductor: Kazushi Yamashita) will be released on June 2014.

She has studied with Shigeru Asano, Yoko Okumura, Kazuko Yasukawa, Andrzej Stefanski and Sulamita Aronovsky.

Junko Urayama is a Steinway Artist.

 スタインウェイ・アーティスト